.nagomi 店長ブログ

肌トラブル改善サロン .nagomi の店長ブログです。

女性の体のリズムは7の倍数で変わる!

| 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

8月も今日で終わり!

福井はなんとなく、風が涼しくなってきて、過ごしやすくなってきた感じがします。

が、油断は禁物。

9月はまだまだ暑い日が続く可能性が…(‘Д’)

朝晩の気温差が出てくるので、体調管理にはお気をつけくださいね♡

 

 

TVのCMでも流れていますが、中医学では女性は7の倍数で体が変化すると言われています。

どういうことなんでしょう?????

 

中国最古の医学書と言われる黄帝内経では、女性の体のリズムは「7年」ごとに節目を迎え、変化していくと。

 

7歳ごろには乳歯から永久歯へ歯が生え変わり、髪の量が増えていきます。

14歳のころには月経が始まり、思春期を迎え、生殖系統の発育が盛んになります。女性ホルモンが一気に増え始め、女性らしい体つきになっていきます。

21歳のころには、女性ホルモンの分泌が安定するようになり、女性としてよりいっそう美しくなっていく期間を迎えます。気や血が充実する時期ですが、同時に滞りやすい時期でもあります。ストレスを受けやすく、人によっては精神的にもバランスを崩すこともあります。

28歳を迎えるころには、身体的にも精神的にも安定し、性機能もピークを迎えます。人生の中で一番美しいと言える年齢です。体も成熟し、妊娠・出産に適した年齢でもあります。また、物事を冷静に考える力がつき、転職したり、仕事への意識が変わったりする人も多いでしょう。

35歳ごろは体にとっては特に大きな節目で、女性ホルモンの減少から、少しずつ体の衰えが始まります。なんとなくやる気が起きない、無理できなくなった、風邪の治りが遅くなったなどと感じる方も多いようです。

42歳ごろからは女性ホルモンの分泌がかなり減少し、白髪や脱毛、肌のカサつき、性欲の衰えなどの老化が進み、ホルモンバランスの乱れから、血行不良や冷え性が起こりやすくなります。

49歳ごろに閉経を迎え、更年期障害など心身ともに様々な不調が起こるようになります。

 

年齢ごとにホルモンバランスによっておこる変化を見ると、「体は7の倍数で変わる」ということに納得できるかと思います。

 

中医学では、基本的な女性の養生法を、10代は腎を補って生命力を高め、20代から30代は「肝」の「気」「血」の流れを良くし、40代から50代は衰えてきた腎を補うこととしています。

女性ホルモンは美容と健康どちらにも関係しています。いつまでも健康で若々しくいるために、7の倍数を意識して、楽しくステキに年を重ねてみてはいかがでしょうか?

 

 

ホメオスタジア オンラインショップ

ホメオスタジア オンラインショップ

ブツブツ・かゆみ・かぶれ・しみ・シワ・年齢によるお肌のお悩み、アトピックドライスキンなど敏感肌の方へも対応できる当サロンで使用している化粧品のオンラインショップです。

ホメオスタジア オンラインショップ  

コメントを残す

必須欄は * がついています