.nagomi 店長ブログ

肌トラブル改善サロン .nagomi の店長ブログです。

ニキビのお話し①

| 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomi店長の高岡那旺美です(^^)/

夏本番!暑いです!

が、楽しいことしてくださいね♪

私は先日、今シーズン初めて、名古屋ドームに野球観戦に行ってきました(^^♪

野球1

行けるときは、ちょいちょい、名古屋や大阪に観戦に行ってるのですが…

私はミーハーなので、ジャイアンツファンです。

阿部が近くにいたのでパシャッと撮ってみました(笑)

野球2

今回もタオル回してきましたよーッッッ(笑)

ホームランこそはありませんでしたが、ヒットなど打ちまくってくれたので、名古屋まで行ったかいがありました。楽しかったー(*”▽”)

 

 

そして、暑さのせいで、体温が上がってきているせいか、

.nagomiのお客様でもアトピーやカブレ、色素沈着からニキビに変化してしてきている方が増えています。

また、最近では大人ニキビという言葉もいろんなところで飛びかっています。

 

ニキビと言えば一般的には、毛穴の中に皮脂がつまることがはじまりで、

毛穴が皮脂につまる原因は、ホルモンバランスの乱れや生活習慣(食事や睡眠やストレスなど)などで皮脂が過剰分泌しておこると言われています。

では、皮脂の過剰分泌を減らすには…。

そう!体温を上げることです!

現代人は体温が低いのです。みなさん、思い当たりませんか?

「顔は内臓の鏡」。以前ブログでも紹介させて頂いていますが、内臓の働きの低下=血液の浄化の低下ニキビができるんです。

内臓の働きの低下は体温を上げること!これしかありません!

体温が低いと内臓の働きが低下します。

内臓の働きが良くなければ、お通じや生理、おしっこなどで老廃物をうまく出すことができません。

 

ただ、ニキビが出ている方、「私、体温は低くないけど…」と思った方、いらっしゃいませんか?

体温が高いけど、ニキビができる。

それは体に余分な熱が発生しているんですね。いわゆる、「のぼせ」というものです。

暖かい空気は上に行き、冷たい空気は下に行く。人間の体も同様で、熱は上半身や体表面に集まるという現象が起こります。

ということは、体の内側は冷えていて、体の外側に熱が集まるということです。

なので、ニキビもお顔をはじめ、頭・胸元・背中といったところに出やすいですよね。

のぼせの熱と体の内側の冷え=内臓の働きの低下によって、老廃物がうまく出せずにニキビが出るということなんです。

また、ニキビのタイプも真っ赤に腫れて痛みの強いものと、それほど痛みがなく白っぽいニキビとがありますが、

これも「熱の程度」からきています。体温が高い人ほど、炎症が強く、赤いニキビができやすくなります。

ただ、こういったニキビはお肌の新陳代謝が活発で抵抗力もあるため、派手なわりには良くなるもの早い傾向にあります。

 

また、中医学では皮膚の症状は「肺」のトラブルと考えます。

ニキビの場合、出る位置のよって、「肝」「脾」「腎」の問題とすることもあります。

また、紫色になって跡が残るニキビは、「瘀血」が関係しています。

例えば、こめかみのニキビであれば「腎」の不調ですし、口の周りだと「脾」胃腸の不調ということになります。

 

ひとり、ひとりニキビの出る原因は違います。

外面的なケアを行っても、なかなか良くならないのであれば、やはり体の中が原因で出ているニキビだと思います。

自分がなぜニキビがでているのか?

原因を突き止め、ニキビができにくい、つるつるお肌を手に入れましょー(^_-)-☆

 

 

リピーターのみなさま

いつもありがとうございます<m(__)m>

夏のキャンペーン、大好評です♡

まだの方は8/10(水)までですので、この機会を是非ご利用ください。

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

ホメオスタジア オンラインショップ

ホメオスタジア オンラインショップ

ブツブツ・かゆみ・かぶれ・しみ・シワ・年齢によるお肌のお悩み、アトピックドライスキンなど敏感肌の方へも対応できる当サロンで使用している化粧品のオンラインショップです。

ホメオスタジア オンラインショップ  

コメントを残す

必須欄は * がついています