.nagomi 店長ブログ

肌トラブル改善サロン .nagomi の店長ブログです。

明けましておめでとうございます!

2017年1月5日 から MoriNaomi | 0件のコメント

明けましておめでとうございます!

homeostajia salon .nagmiの高岡那旺美です。

昨年はありがとうございました。

本年も昨年以上にお客様に寄り添いながら、お客様のキレイのお手伝いをさせて頂きたいと思っております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

生理痛、ないのが当たり前って本当?!

2016年12月2日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

師走に入りましたねぇ~。1年は早いものです。

今年もあと1か月、元気に過ごしましょう~★

 

 

.nagomiのカウンセリングでは、お客様に五大排泄(便・生理・尿・汗・呼吸)の状態を必ずお伺いします。

お肌は内臓の鏡!

今までに何度かお話しさせていただいていますが、お肌は内臓と繋がっています。

そこで、女性の場合は特に生理の状態をしっかりと伺います。

 

生理の状態って、みなさん意外と安易に考えている方が多いんですが…

特に生理痛。ほとんどの方が生理痛があるとお答えになります。あるのが当たり前と思っている方が少なくありませんが💦

やはり、痛みは異常なことです。

 

その痛みを強~くさせているのが子宮のです!

生理というのは、子宮の壁ある子宮内膜が1か月に1度はがれ落ちたものです。はがれ落ちるときに、子宮内膜からプロスタグランジンという物質が分泌され、

子宮収縮を促して経血をスムーズに体外に出す役割があります。

子宮が冷えることで血流が悪くなると、このプロスタグランジンの分泌が過剰になり、痛みや炎症、だるさ、吐き気などを引き起こしてしまいます。

 

東洋医学では「不通即痛、通即不痛」といって、「通ってないと痛いよ~、通っていれば痛くないよ~」というものがあります。

子宮が冷えると血管が収縮して血流が悪くなり、血流が悪くなると血が届かないために冷えるのです。

ですので、婦人科系のトラブルのほとんどが子宮による冷えによって引き起こされています。

 

生理痛がある方は子宮の冷えを疑ってください。

 

生理痛を改善するには腹を温めることです。

カイロで温めたり、毛糸のパンツをはいてみたり、くつ下やレッグウォーマーをはいてみたり、足湯をしてみたり…できることはたくさんありますので、「温める」ことをしてみて下さい(^_-)-☆

お腹が温まることで、子宮が温まり、子宮内の血行が良くなります。

そうすると、熱がもたらされ、子宮の働きも良くなります。

 

.nagomiのお客様も早い段階で、ほとんどの方が改善されています。

生理痛が改善されるだけでも気分が違います。

 

生理の状態が良くなれば、肌トラブルの改善もスピードアップです!

 

 

 

 

 

乾燥肌の原因って?

2016年11月14日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

今日も寒いですね…

風邪などひかないように体調管理には気をつけて下さいね♡

 

 

秋は五臓でみると「肺」にあたります。

この時期は空気が乾燥するため体内の水分蒸発が多くなり、体内の水分が不足するため、体の潤いが減り、お肌や髪の毛、爪などが乾燥しやすくなります。

ですので、外からのケアも必要なのですが、体の中から潤していかないと効果は期待できません。

 

じゃあ、体の中の潤いってどうやって改善できるの?

ということですが…

まずは「肺」の強化です。前回の回でも「肺」について少し書かせていただきましたが、

「肺」についてもう少し…

東洋医学では肺は意外なことに、「水分代謝の調節」も行っています。

栄養の消化・吸収が終わったあと、体に不要になった水分を汗にしたり、「腎」と協力して膀胱へ運びます。

この水分代謝の調節がうまくいかないと必要な細胞に水分が不足し、不必要なところに水分が溜まってしまいます。

なのでお肌が乾燥し、むくみが酷くなるということになるのです。

水分代謝がうまくいけばお肌に潤いがあり、むくみにくくなるのです(≧▽≦)

 

そして「腎」。

腎も「水分代謝の調節」を行っています。これはみなさん、なんとなくわかりますよね?

腎は「肺」や「脾」と協力して水分の代謝を行います。腎の働きによって、不必要な水分は尿として外に排泄されるため膀胱に、必要な水分は再利用するために肺に戻され、再び肺から全身へ運ばれます。

 

もう一つ考えられるのが、「貧血」です!

女性の方は貧血の方、多いのではないでしょうか?

貧血=血液が薄い

もちろん、量が少ない方もいるかと思いますが、血液が薄いとは、血液に力がないということです。

なので、血液検査ではひっかかりません。

こういう症状はありませんか?

顔色が青白い、乾燥肌、皮膚が薄い、唇や舌の色が白っぽい、立ちくらみ、動悸、息切れしやすい、疲れやすいなどです。

東洋医学ではこういう症状のある方は「血虚」といい、「貧血」と考えます。

 

「肺」「腎」の強化、そして「貧血」を改善することで、乾燥肌から潤いのあるお肌へと生まれ変わっていくでしょう(^^♪

乾燥肌も肌トラブルの一つです。

お肌のトラブルは体の中のSOS

体質改善しながら、美しいお肌を手に入れましょう(^^)/

秋は特に意識してみてくださいね☆

 

 

 

カユミがアトピー、アレルギー肌を良くする?💦

2016年11月9日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

今日は本当に寒い(+o+)

さっき、アラレが降っていました!それは寒いハズです…

急に気温が下がってきましたので、風邪などにはお気をつけくださいね♪

 

 

寒くなって、アトピーやアレルギー、じんましんなどのお問い合わせが増えてきました。

秋は空気が乾燥しますので、肌トラブルがない方でもカイカイ、かゆい時期です。

アトピーさんやアレルギーさんの中には、ステロイド剤やプロトピック剤を繰り返し使うことで、知らない間にステロイド性皮膚炎という状態になっている方もいるのではないでしょうか?

先日.nagomiにカウンセリングにいらっしゃたお客様もステロイド剤やプロトピック剤を長期的に使い続けていたために広がって酷くなっていました。

かゆいとどうしてもすぐにお薬に頼りがちになりますが、実は「カユミ」も自然治癒力の一つです。

カユミがあると、人間の体はカユミをなおそうとします。その結果、脳の指令によって、副腎からカユミや炎症を抑えるステロイドを自ら分泌し、自分の力で治していくのです!

ステロイド剤を使いすぎると、脳が副腎からステロイドを分泌していると勘違いし、自らステロイドの分泌をやめてしまいます。ということは、副腎の機能が低下していくことになるんです。

なので余計にかゆい。そしてまたステロイド剤などのお薬を塗る。という繰り返しになります。

「カユミを利用してカユミを治す」というのは東洋医学では当たり前の考えで、特に乳幼児のアトピーは、いわば汚れた世の中で生活していくための試練なのです。

ステロイド剤は根本から治すお薬ではなく、症状を一時的に抑えるだけの作用しかありません。

まず、体を良くするのは自分自身がもっている自然治癒力であること知ってくださいね(^_-)-☆

 

 

また、体の表面の皮膚や粘膜によって、外敵から体を守るのは、東洋医学では「肺」にあたります。

この「肺」には、鼻・喉・気管・気管支などの気道・肺胞、そして皮膚が含まれます。

皮膚が肺と関係しているというのは意外かもしれませんが、皮膚も肺と同じように皮膚呼吸をしています。また皮膚は、細菌やウイルスなどから体を守っています。これも肺と同じ働きです。

.nagomiでカウンセリングをしていると、アトピーやアレルギー性皮膚炎で悩まれている方が多く、お話をお伺いすると大体の方は、アレルギー性鼻炎や花粉症、喘息などをおもちの方がほとんどです。

アトピーやアレルギー性皮膚炎は東洋医学的には呼吸器系と消化器系の弱さからきています。

ですので、肺を強くして皮膚の免疫力UPと胃腸の働きを良くすることです!

そして、もう一つ。長期間、アトピーやアレルギー、鼻炎、花粉症、喘息などでお悩みの方は「腎」の弱さ、いわゆる「腎虚」になっている可能性があります。

腎虚になっていると、生命エネルギーを司る腎の働きが落ちているため、なかなか良くならないのです。

 

要するに、アトピーやアレルギー性皮膚炎は「肺」の働きが弱いために起こる呼吸器のトラブルであり、さらにその背景にある消化器系と腎の働きの低下ということになります。

.nagomiでは呼吸器系の「肺」、消化器系の「脾」、ホルモン・免疫系の「腎」、この3つの働きをよくして、体質改善から自然治癒力を高め、みなさんキレイになられています。

それなりに時間はかかりますが、アトピーやアレルギー性皮膚炎はお肌の表面だけを良くしてもなかなかキレイにはなりません。

内面、体の中から改善してくことが必要です。

体の中から改善できた方だけが、健康な体とキレイなお肌を手に入れることができるのです。

 

ちょっとしたお悩みでも構いません。

困っている方の力になれたらいいと思います。

体質改善して、健康な体とキレイなお肌を手に入れましょう(^^♪

 

 

 

鼻のニキビが止まらない!👃

2016年10月28日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

暑くなったり、寒くなったりして、体調を崩していませんか?

インフルエンザも出始めてきたようなので、みなさんお気をつけくださいね(^^♪

 

 

ここ最近コースに入ったお客様の中に2人ほど、主に鼻のニキビが止まらず悩んでいるという方がいらっしゃいました。

1人はK様。7月にカウンセリングと3回体験コースを受けられ、今は月2回くらいのペースで通われています。まだ、多少赤みは残りますが、ほとんど鼻のニキビは出なくなりました。

もう1人の方は9月にカウンセリングに来られ、10月から3回体験コースをし、コースに入られたI様。体験コースも入れて5回で、何年も悩んでいてなかなか治まらなかった鼻のニキビが、ほとんど出なくなりました。

このお二人のお客様と同じように悩まれている方、多いのではないでしょうか?

 

東洋医学的には鼻のニキビは「肺」もしくは肺との関わりが深い「大腸」の弱さからきていることがあります。

呼吸が浅い、気管が弱い、喘息がある、お通じが出にくい、出てもスッキリしないなど

.nagomiの技術、homeostajiaデトックスリンパは、まず「肺」の周りの筋肉を柔らかくし、呼吸が深くできるようにしていきます。

呼吸がうまくできるようになると、酸素(気)が全身に巡り、血がうまく流れ、新陳代謝が良くなり、体が温かくなります。

「肺」が動くと「大腸」も一緒に連動します。そうすると、今まで出にくかったお通じがスッキリと出るようになったりします。

 

このお二人のお客様も、呼吸が浅い・お通じが出にくい又は出てもスッキリしないと初めはおっしゃっていましたが、今はお通じはスッキリ快調、肺の周りの筋肉も柔らかくなり、呼吸も深く入るようになりました。そして、お二人ともが、周りの方から「痩せた?」「顔が小さくなったね!」と言われるようになったそうです。

私もそれを聞いた時には「やったーーーッ(≧▽≦)!」嬉しい限りです♡

鼻のニキビも治まり、お顔まで小さくなり、ホント良かったです!

 

鼻のニキビで悩まれている方、一度、自分の「肺」「大腸」の動きをチェックしてみてくださいね。

自分では…という方は是非ご相談ください!お待ちしております(^^)/

 

 

 

 

 

 

まぶたのピクピク👀

2016年10月13日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

最近、グッと寒くなりましたね…

私の苦手な季節がやってきました。

寒くなったり、暑くなったりと気温の変化が激しいので、みなさんお体には十分お気をつけくださいね。

 

みなさん、まぶたがピクピクすることってありますよね?

私も最近ありました!

目が疲れてピクピクしていると思っていましたが…

調べてみると…

違ったんです( ゚Д゚)

 

目がぴくぴくする原因は中医学でいう”肝”にストレスがかかるために起こることが多いそうで、 ”肝”は精神的な緊張を受けると体の中で「風」を生じます。この「体の中の風」 がまぶたをピクピクさせたり、体をふらつかせる原因になるそうです。

また、肝と密接な関係のある「春」になると、まぶたがピクピクしやすくなるそうです。春は学校や仕事で環境が変わることが多いですので、知らず知らずのうちに心に緊張感を与えてしまうのでしょう(^^;)

あと、「春」や「緊張」以外にまぶたをピクピクさせる原因で多いのが「睡眠不足」。「睡眠不足」 自体ストレス。 この「体の中の風」でまぶたがピクピクしているということは「体にストレス」がかかっている「信号」だそうです。

 

まぶたのピクピクは「ストレスが原因」だったんですね。

目の疲れと思っていましたが、目をあまり疲れさせないようにと意識して生活していても、なかなかピクピクが止まらないーッというとき、確かにありました(^^;)

ピクピクが止まるとストレスが軽減した証拠にもなりますね!

 

まとめ

中医学では、「肝」が原因であると考えます。「肝」は気の流れをコントロールしつつ、血の貯蔵も行っている大変素晴らしい臓腑です。その他、目や筋との繋がりも非常に深く、まさに「まぶたのピクピク」はここに当てはまります。つまり、肝に影響を与えるものであればピクピクの原因になるものという事です。

 

まぶたのピクピクには

気の流れを良くしてくれる香りのよい食材を選びましょう♪

レモン、オレンジなどのかんきつ類・香りのよい紅茶・ジャスミン・シソなど

血を補給できる食材を摂りましょう♪

レバー・ほうれん草・ニンジン・なつめ・ブドウ・豚肉・卵など

さらに胃腸が弱っている方は

やまいも・じゃがいも・もち米・リンゴ・インゲン豆など

 

みなさん、まぶたのピクピク、参考にしてみてくださいね(^^♪

 

 

 

スタッフも驚く結果が…

2016年9月23日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

ここ2~3日、少し肌寒い日が続いていますね。

私、昨日、金沢の21世紀美術館に今話題のアートアクアリュウム展に行ってきました。

金魚・金魚・金魚🐡そして、人・人・人👪

%e9%87%91%e9%ad%9a1 %e9%87%91%e9%ad%9a3

%e9%87%91%e9%ad%9a2

金魚とアートのコラボレーションはとても幻想的で素敵でした♡

いいものを見せて頂きました(*’▽’)

 

 

前回の背中のニキビでお悩みのJさん。

今回はなんと!!

背中にニキビが増えなかったそうです(*’▽’)

うれしぃ~~~ッ♡♡♡

やはり、冷えてのぼせていたのでしょうね!

これで、先が見えてきました。

 

 

そして、今回は、来月ご結婚式を迎えるNさん。

9月の1か月限定で通われています。

筋トレや代替え食をしても体重がなかなか落ちないとのこと。

どうしてもウエストを細くしたいとのご希望でしたが、以前も通われていたコースと同じで大丈夫です!とオススメしました。

以前通われていたコースとは、デトックスリンパ。

お顔とデコルテ、そしてオプションで脚です。

ウエストの施術をせずに、本当に大丈夫かなぁ~ときっと思われたと思いますが…(^^;)

 

1回目!施術はかなり痛かったようです(^^;)

が、施術後はスッキリ!体も軽く楽になったようです。

2回目の時、脚をパッと見たら、スッキリ!

1回目の後のご様子をお伺いしたところ、むくみがかなり取れてスッキリし、脚が細くなったような気がするとの報告が…

スタッフと顔を見合わせて、やった~~~ッと思わず声が出てしまいました(笑)

そして、3回目の時。またまたご様子をお伺いしたところ、

「ウエストがスッキリした気がするんです!今ならドレスも楽に入る気がする。そして、施術後お家に帰って体重計にのると、1kgずつ減っているんです!」と。

結果、3kg減ったそうです。すごッッッ!!

結婚式までにあと2回施術が残っているので、結果がとても楽しみです。

 

Nさんの場合は、何をやっても痩せれないということでしたので、

とにかく体を温めて、むくみをとること、そして気の巡りがとても悪いので、気巡りを良くするデトックスリンパを行いました。

そして、ちょっとした生活改善のアドバイスをさせて頂きました。

 

それで、この結果!!

Nさんの努力と重なり、まだまだ途中ですが経過良好です。

結婚式前というのもあり、結果が出るのが早~い(*’▽’)嬉しい限りです♡

 

やはり、キレイになって、お客様が笑顔になれることは本当に嬉しいです。

ニキビやアトピーなどの肌トラブルや冷えやむくみなどの体の不調などのお悩みを抱えている方、

小さなことでも構いません。

私たち、.nagomiで何かしらのお手伝いできたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背中のニキビの正体は?( ゚Д゚)

2016年9月17日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

最近、朝晩の気温が下がり、過ごしやすくなってきました。

3連休は台風がきているものあり、お天気があまりよろしくないようで、がっかりされている方も多いのでは…

私もBBQの予定をしていましたが、どうやらおあずけのようです(´;ω;`)ウッ…

この時期は、朝晩の気温差が激しいですので、体調管理にはお気をつけくださいね。

 

 

そして、暑~い夏も終わり、これから少しずつ寒い季節がやってきます。

私も苦手になってくる季節ですが…

この時期あたりから、みなさん自分の体が冷えているという自覚が出てくるようです。

 

背中のニキビを良くしたいと通われているJさん。

今日は背中のお手入れだけではなく、脚のデトックスリンパを初めて施術されました。

まず、オイルを塗布した瞬間、かたッッッ(゚д゚)!

冷えて筋肉が固まっているのがすぐにわかりました。

前置きで、「これだけ硬いので、痛いと思いますので覚悟してくださいね。」と伝えて始めました。

「え゛ーーーーーーッッッ」とJさん。

.nagomiのデトックスリンパは冷え固まっている筋肉を表面からだけでなく、奥の筋肉までアプローチをかけます

なので、冷えている方は初めは特に「痛ーーーい」んです。

でもこの冷えている筋肉を柔らかくしないとリンパは上手く流れません。

少々、我慢を…

 

足先から始め、ふくらはぎ~ヒザ~太もも~そけい部を上がっていくのですが、

太もも~そけい部にかけて施術していると

突然、「あはははははッ!!!」「くすぐったい!!」「やめてぇ~!!」との声が…

手も脚も出てきて阻止されましたが、私も負けずに施術し続けました!

そして、やればやるほど、足先が冷える冷える!

相当、下半身が冷えているようです。

 

これで、背中のニキビの原因がもう一つわかりました!

次回からの施術に課題が…

思わず「教えてくれて、ありがとうございます♡」と私。(笑)

その原因をJさんにお伝えしました。

そうすると…

「ここに通うようになってから、今までの考え方とはまるっきり正反対なので、驚くことばかりです!」と。

 

施術後は全身ぽっかぽか(*”▽”)

あんなに肌色が悪かった足先もほんのりピンクでいい感じに!

とても脚が軽くなったようで、「楽~~~♪」と言って頂けました。

施術中は「もうムリッ!」と言っていましたが、2~3回に1回は脚のデトックスリンパの施術を受けようかな~と言って帰られました。

 

ニキビやアトピーなどの肌トラブルの原因はほとんどが体の冷えからくるものです。

もちろんJさんのように背中のニキビも同様です。

この冷えがとれないと内臓は上手く働いてはくれません。

皮膚は内臓の鏡!

まずは体から冷えを撃退して、体もお肌もキレイにしていきましょう(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

お肌のゴールデンタイムって?⏰

2016年9月5日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomi の高岡那旺美です(^^)/

台風が立て続けに日本列島を襲っていますね。

ただ、台風も来ないと雨を降らせてくれないらしいんです。

台風の少ない年は、雨が少なく、水不足になるそうです。

台風などの自然現象って、やはり役割があって成り立っているんだなぁ~と改めて感じました(*’▽’)

 

 

そして、暑くて夜が寝苦しいという日は大分、減ったのではないかと思います。

.nagomiのお客様にも生活習慣のことでアドバイスさせて頂きますが…

その中の一つの睡眠

お肌を良くするためには質の良い睡眠が必要です。みなさんもお分かりかと思います。

よく世間では

「お肌のゴールデンタイムは22時~2時」と聞いたことがあると思いますが、

本当にそうでしょうか?

 

中医学では五臓六府それぞれにその臓腑の時間帯があると考えられています。

木梨ー子午流注図

子午流注図と言って中医学最古の[黄帝内経]に記載されているようです。

「子午」は「時刻」の意味で、「流注」は人体の十二臓腑(十二経脈)の気血運行の流れを意味し、

子午流注は一日24時間の臓腑気血のリズムを現したものだそうです。

それぞれの臓腑の時間帯に、その臓腑が活発になったり、臓腑自身が回復したりするんですって( ゚Д゚)

 

例えば…

中医学では「肝」は血を貯蔵して解毒したり、精神活動を安定させたりする働きがありますが…

お肌を美しく保つためには → 老廃物やストレスをためない

「肝」の働きが重要になってきます。

なので、子午流注図を見ると、「肝」の時間帯である午前1時~3時には、「肝」がしっかり働けるように熟睡していることが必要です。

 

また、中医学では、子の刻(23時~1時)は陰気がもっとも盛んで人体の気血陰陽の転換点ですので、身体を休めて睡眠をとることは健康を保つ上で非常に大切な時間帯です。

この時間帯に睡眠をとらないと、朝の目覚めが悪かったり、体の調子が悪かったり…など体調不良を引き起こすそうです💦

中国にことわざに

「子の刻の睡眠を放棄するくらいなら一度の食事を放棄したほうがずっと良い」

というのがあるくらい、この時間に睡眠をとることの方がが大事と言っています。

 

 

ということで、

「お肌のゴールデンタイム」は中医学的に

23時~3時の間になります⏰

この時間にしっかり熟睡していることが健康な体、お肌を作り出しているんですね(^_-)-☆

私も最近は23時~24時の間には寝るようにしています。

 

みなさんもこのことを頭の片隅にでも入れて、生活してみてくださいね!

 

 

女性の体のリズムは7の倍数で変わる!

2016年8月31日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

8月も今日で終わり!

福井はなんとなく、風が涼しくなってきて、過ごしやすくなってきた感じがします。

が、油断は禁物。

9月はまだまだ暑い日が続く可能性が…(‘Д’)

朝晩の気温差が出てくるので、体調管理にはお気をつけくださいね♡

 

 

TVのCMでも流れていますが、中医学では女性は7の倍数で体が変化すると言われています。

どういうことなんでしょう?????

 

中国最古の医学書と言われる黄帝内経では、女性の体のリズムは「7年」ごとに節目を迎え、変化していくと。

 

7歳ごろには乳歯から永久歯へ歯が生え変わり、髪の量が増えていきます。

14歳のころには月経が始まり、思春期を迎え、生殖系統の発育が盛んになります。女性ホルモンが一気に増え始め、女性らしい体つきになっていきます。

21歳のころには、女性ホルモンの分泌が安定するようになり、女性としてよりいっそう美しくなっていく期間を迎えます。気や血が充実する時期ですが、同時に滞りやすい時期でもあります。ストレスを受けやすく、人によっては精神的にもバランスを崩すこともあります。

28歳を迎えるころには、身体的にも精神的にも安定し、性機能もピークを迎えます。人生の中で一番美しいと言える年齢です。体も成熟し、妊娠・出産に適した年齢でもあります。また、物事を冷静に考える力がつき、転職したり、仕事への意識が変わったりする人も多いでしょう。

35歳ごろは体にとっては特に大きな節目で、女性ホルモンの減少から、少しずつ体の衰えが始まります。なんとなくやる気が起きない、無理できなくなった、風邪の治りが遅くなったなどと感じる方も多いようです。

42歳ごろからは女性ホルモンの分泌がかなり減少し、白髪や脱毛、肌のカサつき、性欲の衰えなどの老化が進み、ホルモンバランスの乱れから、血行不良や冷え性が起こりやすくなります。

49歳ごろに閉経を迎え、更年期障害など心身ともに様々な不調が起こるようになります。

 

年齢ごとにホルモンバランスによっておこる変化を見ると、「体は7の倍数で変わる」ということに納得できるかと思います。

 

中医学では、基本的な女性の養生法を、10代は腎を補って生命力を高め、20代から30代は「肝」の「気」「血」の流れを良くし、40代から50代は衰えてきた腎を補うこととしています。

女性ホルモンは美容と健康どちらにも関係しています。いつまでも健康で若々しくいるために、7の倍数を意識して、楽しくステキに年を重ねてみてはいかがでしょうか?