.nagomi 店長ブログ

肌トラブル改善サロン .nagomi の店長ブログです。

乾燥肌の原因って?

| 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

今日も寒いですね…

風邪などひかないように体調管理には気をつけて下さいね♡

 

 

秋は五臓でみると「肺」にあたります。

この時期は空気が乾燥するため体内の水分蒸発が多くなり、体内の水分が不足するため、体の潤いが減り、お肌や髪の毛、爪などが乾燥しやすくなります。

ですので、外からのケアも必要なのですが、体の中から潤していかないと効果は期待できません。

 

じゃあ、体の中の潤いってどうやって改善できるの?

ということですが…

まずは「肺」の強化です。前回の回でも「肺」について少し書かせていただきましたが、

「肺」についてもう少し…

東洋医学では肺は意外なことに、「水分代謝の調節」も行っています。

栄養の消化・吸収が終わったあと、体に不要になった水分を汗にしたり、「腎」と協力して膀胱へ運びます。

この水分代謝の調節がうまくいかないと必要な細胞に水分が不足し、不必要なところに水分が溜まってしまいます。

なのでお肌が乾燥し、むくみが酷くなるということになるのです。

水分代謝がうまくいけばお肌に潤いがあり、むくみにくくなるのです(≧▽≦)

 

そして「腎」。

腎も「水分代謝の調節」を行っています。これはみなさん、なんとなくわかりますよね?

腎は「肺」や「脾」と協力して水分の代謝を行います。腎の働きによって、不必要な水分は尿として外に排泄されるため膀胱に、必要な水分は再利用するために肺に戻され、再び肺から全身へ運ばれます。

 

もう一つ考えられるのが、「貧血」です!

女性の方は貧血の方、多いのではないでしょうか?

貧血=血液が薄い

もちろん、量が少ない方もいるかと思いますが、血液が薄いとは、血液に力がないということです。

なので、血液検査ではひっかかりません。

こういう症状はありませんか?

顔色が青白い、乾燥肌、皮膚が薄い、唇や舌の色が白っぽい、立ちくらみ、動悸、息切れしやすい、疲れやすいなどです。

東洋医学ではこういう症状のある方は「血虚」といい、「貧血」と考えます。

 

「肺」「腎」の強化、そして「貧血」を改善することで、乾燥肌から潤いのあるお肌へと生まれ変わっていくでしょう(^^♪

乾燥肌も肌トラブルの一つです。

お肌のトラブルは体の中のSOS

体質改善しながら、美しいお肌を手に入れましょう(^^)/

秋は特に意識してみてくださいね☆

 

 

 

ホメオスタジア オンラインショップ

ホメオスタジア オンラインショップ

ブツブツ・かゆみ・かぶれ・しみ・シワ・年齢によるお肌のお悩み、アトピックドライスキンなど敏感肌の方へも対応できる当サロンで使用している化粧品のオンラインショップです。

ホメオスタジア オンラインショップ  

コメントを残す

必須欄は * がついています