.nagomi 店長ブログ

肌トラブル改善サロン .nagomi の店長ブログです。

梅雨は水分に注意☂

2017年6月14日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

お久しぶりです☆

 

日本各地、梅雨入りしていますが、北陸はまだのようです。

今週も1週間晴れマークです☀

 

 

さて、梅雨と言えば、むくみやすい時期でもあります(^^;)💦

中医学では、梅雨の時期にでるトラブルは「湿邪」のせいとも言われています。

湿邪とは、自然界の湿をもった性質で、体に過剰な水分を溜めてしまいます。

湿邪は重く沈む性質があるため、頭に帽子をかぶっているような重い感じや痛みが出ます。

また、下半身や足に症状が出やすく、足がむくんだり、ひざや足首などが重く感じます。関節に痛みやはれ、しびれなども出やすくなり、特に湿気の多い日には症状は悪化しやすくなります。

みなさんも身に覚えがあるのではないでしょうか?

肌トラブルで言えば、ジュクジュクしたカブレが出たり、水っぽいぷにぷにしたニキビが出たり、浸出液と言われるリンパ液が出たりと、このような症状が出やすくなります。

.nagomiのお客さまの中にもジュクジュクしている方が何人かいらしっやいます。

 

梅雨の時期は空気がジメジメ💦💦💦

中医学ではお肌も「肺」の仲間ですので、皮膚呼吸しています。その時に、ジメジメした湿気も一緒に取り込んでしまうのです。そうすると、いつも以上に余分な水が体の中に溜まります。

それから、暑くなる時期ですので、冷たいもの、甘いもの等を摂りすぎると、「脾」を傷つけてじまいます。「脾」は消化吸収をして全身に栄養を運ぶ働きをします。「脾」が傷つけば消化吸収できなくなるので、逆に食欲が落ちる、お腹がつかえる、吐き気、嘔吐、手足のむくみ・だるさ下痢などの症状が出やすくなります。

湿邪は同じ場所に停滞しやすいので、気の巡りを阻み、痛みが発生しやすくなります。

 

ですので、この時期は冷たいもの、甘いものはもちろんですが、水分を摂る量にも注意ですね(^^♪

 

先日、パートスタッフが知人から空豆を頂いたそうで、調理して食べたら、次の日にいつも以上にトイレにいったそうです!

「私、そんなに水分摂ってるっけ?」と考えていたら、空豆には利尿作用があるとわかり、納得したーと言っていました(*”▽”)

空豆は今の時期が旬ですね!梅雨の時期に採れるようにできているんですね~(*’▽’)スゴイ‼

 

この時期、ジュクジュクお肌に悩んでいる方は、「水分の量」チェックしてみてくださいね(^^)/

 

GWの営業について

2017年4月28日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

今日もお天気が良く、気持ちの良い一日ですね~♪

 

 

GWの営業についてお知らせいたします。

4/28 29
30 5/1 2 3 4 5 6

赤字がお休み

6日(土)から通常営業となります。

 

 

早い方は明日から連休に入るかと思いますが、怪我や事故には気をつけて、楽しい連休にしましょう(^_-)-☆

春にアトピーが悪化するのは何故(?_?)

2017年4月17日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

今日はとっても風が強いですね彡

今日の午前中まではぽかぽかでしたが、雨が降ると寒い感じがします。

暑くなったり、寒くなったりしますので、お体にはお気をつけくださいね(^_-)-☆

 

 

福井もここ何日か暖かい陽気が続き、.nagomiのお客様もアトピーの症状が悪化している方がちらほらいらっしゃいます。

春はデトックスの季節。また、花粉やアレルギーが起こりやすい時期でもあります。

 

春にアトピーが悪化する大きな原因の一つは、冬の間に溜まっていた老廃物が、春になって体が温まることによって外に出るからです。

何故、体が温まると老廃物が皮膚から排泄するのでしょう?

血管をホースに例えてみましょう。

体が冷えていると血流が滞りがちです。流れが悪くなると、老廃物が排出されにくくなり、血液が汚れやすくなります。

余分なブドウ糖、脂質、タンパク質が血液中に増えると、体はこれらを血管壁に沈着させて血液をキレイにしようとして動脈硬化を引き起こします。発疹、発熱などで血液中の老廃物を排泄・燃焼させようとします。

血管壁にこびりついた汚れは、血流が良くなることによって、外へ外へと押し出されていきます。

ドロドロした水が流れるホースの水の流れが早くなったら、汚れが外に押し出されていくイメージです。

長年、体内に老廃物を溜め込んでいた人は、季節が暖かくなることで一気に症状が噴き出す場合もあります。

.nagomiのお客様の中にも、全身からドロドロのリンパ液が出てきて、痒いなんてものじゃなく、皮膚もただれて薄~くなっていて、血が滲んで痛いのに搔かなくてはいられない、そんな状態で、夜もまともに寝られず、生きた心地がしないと涙ながらにうったえられます。

私も15年、このお仕事を通して、何人もこういった脱ステのお客様のお手伝いをさせていただいています。

 

また春は、花粉や黄砂、PM2.5などが体に影響を及ぼしている場合もあります。

 

中医学的には、春は肝臓の毒だしの季節になります。肝臓は「食べたものをエネルギーに替える代謝の働き」「解毒作用」「老廃物を排泄する胆汁の生成と分泌」の3つの働きがあります。

春に症状が悪化しやすい方は肝臓に負担がかかっている可能性が大です。添加物やお薬を摂り過ぎていると、肝臓の働きが追いつかない場合があります。

食生活もコンビニ食や加工食品、甘いもの等の多い方は見直して、なるべく天然のもの、春の食材を摂るようにしましょう。

春の食材は苦味の成分が含まれています。腎臓の働きを強化させたり、肝臓の解毒作用や新陳代謝を活性化する働きがあります。

 

また、肝臓は内臓の中でも最も大きな臓器です。代謝や解毒をはじめ、500以上にわたる機能を果たしており、最も基礎代謝を消費しています。肝臓機能を高めることで基礎代謝が上がり、全身の機能を効率よく高めることができます。

肝臓の機能を高めるには、肝臓を温めることも有効です。腹部の右側にある肝臓部分を温めると、全身の血流が良くなり、デトックス効果が高まります。体が冷えている自覚のある方は、肝臓部分にカイロなどを当てたりして温めてみて下さい。

 

そして、春はストレスの多い季節です。学校や職場環境が変わったりして、何かと慌ただしい時期でもあります。

体を酷使すると体が悲鳴を上げてしまいますので、あせらず、心身共にリラックスして過ごしましょう♪

春はデトックスの時期。自分の体、大切に扱ってあげて下さいね(*”▽”)

 

 

 

 

 

春は春困なるものが…(゚Д゚;)

2017年4月12日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

桜も満開を迎え、いい季節ですね♪

みなさんはお花見いかれましたか?

 

 

気温も暖かくなり、体がだる~いと感じている方、いらっしゃるのではないでしょうか?

.nagomiでも2~3年ぶりにあるお客様から、「体がしんどすぎるので何とかしてほしい」とTELを頂きました☎

中医学では「春困」という言葉があるそうです。

春困とは、春になると体がだるくて、疲れやすい、午後はよく眠くなる。

多くの人が春になるとこういった悩みがあるのでつけられたそうです。

 

春困は冬に減少した新陳代謝が春になって活発になり、体は疲労を感じることにより起こります。

病気ではありませんが、仕事や勉強には影響しますので、対応策が必要です。

まず、睡眠を充分にとること。成人ですと一般的に6~8時間は睡眠時間を確保しましょう。

朝起きたら、冷たい水でお顔を洗って皮膚や大脳を刺激します。また、頭部をブラシで繰り返しとくのも脳の血液循環を良くする効果があります。

「太陽」というツボを刺激するマッサージでも良いでしょう。

適度に日に当たるのも「春困」の解消に有効です。

太陽

 

春の陽気が盛んになるにつれて私たちの体内でも新陳代謝が活発になり、エネルギーの消費量も増加します。冬の間に貯えたものをいよいよ使い始めることになるのです。

もしこれが不足していたら、充分に補充する必要があります。

春はまた、病気の活動も活発になります。多くの病気の発生がこの時期に集中しています。

 

 

肌トラブルももちろん出やすい季節になります。

新陳代謝が上がれば、冬にため込んでいた老廃物が出始め、ニキビ、カユミ・カブレ、湿疹などのトラブルが…。

 

 

とこんなふうに、春はいろんなものが体から出ようとするので、体調を整えて、いい季節を過ごしましょう(^_-)-☆

心配なことがございましたら、いつでもご連絡下さいね!!

 

 

 

最近のマイブーム♡♡♡

2017年3月13日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajiasalon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

久しぶりの投稿になってしまいました…💦

3月も半ばに入り、気温も暖かくなってきましたねぇ~!

でも、油断は禁物!!

冷え対策は今後もしていきましょう~(^^♪

 

ということで、最近、私、おまたカイロにはまっています(笑)

冷え対策として、.nagomiのお客様にもお腹と腰にカイロを貼ることをオススメしていましたが…

おまたの方が温まるということで、挑戦してみました…

 

そもそも「おまたカイロって何?」ですよね!

その名の通り、おまたにカイロを貼り、子宮を温める方法です。

ショーツにカイロを貼り、布ナプキンをかぶせることで、やけど防止になります。

私は布ナプキンがなかったので、通常のショーツをはき、その上から生理用のショーツをはいて、ナプキンの羽を収めるところにカイロを貼っています。

㊟ショーツ1枚に直接貼って使用するのはやめて下さいね!大変なことになりますから…

 

おまたをカイロで温めることにより、子宮が温まり、体全体の血流が良くなって、体を芯から温めることができ、冷えが改善されるそうです!

 

冷え以外にもこんな効果が期待でいるそうですよ。

①生理痛の軽減

②便秘の解消

③ホルモンバランスを整えるので基礎体温が整う

④子宮の働きを高め、妊活にも〇。

 

私も今日で4日目。

何となく、いつもよりも体が温かい気がします。施術中もいつもより汗が…💦

何人かのお客様にもオススメしていて、結果を伺おうと…(≧▽≦)

子宮の働きが良くなれば、五大排泄も整ってくるはず!

そうすれば、肌トラブル改善の近道になるかもしれませんね(^_-)-☆

オススメした方たちの意見を聞くのが楽しみです♡

 

 

脱ステ後の自分を想像してみませんか?

2017年2月13日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomi の高岡那旺美です(^^)/

今回も福井はなかなかの雪でしたね⛄

甥っ子は保育園で雪遊びをするのにスキーウエアを買ったそうで、

さっそくそれを着て、外で遊んでいました。

子どもは寒さ知らずですね~。

 

 

最近はニキビでお悩みのお客様が多かったのですが、

立春も過ぎ、アトピーでお悩みのお客様のご相談も多くなってきました。

そこで、脱ステについて少しお話ししたいと思います。

 

「アトピーとは」とネットで調べてみると、

日本皮膚科学会によるとアトピー性皮膚炎とは、「増悪・寛解を繰り返す、瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ(アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより)」と定義されています。

アトピー素因とは、(1)本人または家族が、アレルギー性の病気(アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、ぜんそく、結膜炎など)を持っていること、(2)アレルギーと深い関係がある免疫物質「IgE抗体」を作りやすい体質を持っていることをいいます。

とありました。

 

基本的に私たちの体はどんな時でも内臓が様々な働きをして一定の状態を保つことができます。

中医学ではアトピーなどのアレルギー性の疾患はこの内臓の働きが低下していることをあらわしています。

 

さまざまな原因によりアレルギーの原因物質(アレルゲン)が体内に侵入し、異物として認識されたアレルゲンはアレルギーを起こす状態を作り上げます。

そしてこのアレルゲンが再び体内に侵入した時、アレルギー反応を起こしながら体はこれらを外へ排除させようとしますが、体温が低く代謝が悪い内臓の働きは低下しているので、

上手く排泄ができず、アレルギー反応が暴走し、アトピーなどのアレルギー症状が発症してしまうのです。

 

基本的に西洋医学をもとに考えているお医者さんは、アトピーと診断すると治療にはステロイド外用剤を用いることがほとんどです。

最近ではプロトピック軟膏を使われている方も増えてきましたが…。

ステロイド外用剤は強力に炎症を抑えることで、塗るだけでアトピー症状が改善されたようにみえるので、

知識のないまま大量のステロイド外用剤を長期にわたって使用し続ける方が多くいらっしゃいます。

 

しかし、ステロイド外用剤を長い期間使用し続けると、皮膚本来の生理機能を著しく阻害するため、皮膚の色素沈着やお薬を中止した時にひどいリバウンドが起こります。

強いステロイド外用剤を長い期間使えば使うだけ大きなものになります。

なので、お医者さんはステロイドの中止は言われることはなく、お薬の効き目が弱くなったら、ステロイド外用剤の強度もだんだんと強くなっていきます。

 

最終的にはお薬が効かなくなったと言われて.nagomiにご相談に来られる方もいらっしゃいます。

.nagomiでもたくさんの脱ステのお手伝いをしてきました。

脱ステは今の状態よりも症状が悪化したようになりますし、カユミは想像を絶するものになることもあります。

ステロイドなどのお薬を使用した期間やお薬の強さにもよりますが、ある程度落ち着くまで、数か月かかることもあります。

その間の辛さは本当に大変なものがあります。

ですが、.nagomiのHPの症例写真の方々もそうですが、本当にアトピーやアレルギーから脱したいとがんばって体質改善され、

キレイになられた方々はみなさんその苦しみを乗り越えてきた方々です。

今でも体のメンテナンスとして通われている方もいれば、ご卒業されている方もいらっしゃいます。ご連絡先が分かる方はたまーに連絡を取りますが、

ほとんどアトピーの症状などのお肌のお悩みはなく、楽しく過ごしているようです。うれしいですね(≧▽≦)

 

.nagomiでは体質改善をしながら、体温・代謝を上げ、五大排泄(便・生理・尿・汗・呼吸)を正常に導き、

自然治癒力を高めてお肌をキレイにするお手伝いをさせていただいています。

確かに慢性症状の改善にはある程度の時間と苦労を要します。

しかし、一時の対症療法で自分の体をごまかしながら過ごしていくのではなく、

どんな状況においても負けないお肌や体を作っていき、

この先の自分の未来を明るく楽しいものに!と想像してみるのは、肌トラブル改善には一番だと思います。

 

そのために私も一人一人のお客様と寄り添いながら、一緒に乗り越えていけたらと思っています。

アトピーは昔のように、大人になれば良くなるものではなくなってきています。

悩まれている方、ぜひいつでもご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

自分で冷えを招いてる?( ゚Д゚)

2017年2月3日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

今日は節分👹旧暦では大みそかにあたります。

明日からは新しい年になり、暦の上では春がやってきます!

といっても、まだまだ寒い日が続きますので、みなさん、お体には気をつけてくださいね(・∀・)

 

 

暦の上では春になりますが…実際はまだまだ冬です。

お肌のトラブル=内臓の働きの低下=冷え

今までにも何度かお話しさせていただきました。

 

みなさん、自分は冷え性とわかっていても、なかなか解消できない方って多いのではないでしょうか?

冷え性は一生、良くならないと思っている方も多いと思います。

そして、なんと!知らない間に自分で冷えを招いている方も結構いるんですよ~(^^;)

 

例えば

1.運動を全然しない

2.お風呂はシャワーで済ます

3.靴下をはかない、または薄いストッキング一枚、ヒールの高い靴が好き

4.下半身より上半身の方が身に着ける衣服の数が多い

5.便秘薬や鎮痛剤、抗生物質を良く服用する

6.食事の時は、とりあえずビール

7.冬でも氷入りの飲み物やアイスクリーム、生野菜サラダを食べる

8.何かとストレスを感じる

 

など、1~8は全て体を冷やす原因を作るものです。

 

みなさん、何かは当てはまるのではないでしょうか?

当てはまる方は、自ら体を冷やすことをしていたんですね(゚Д゚;)

 

ニキビやアトピー、アレルギーなどの肌トラブルで悩まれている方は、これらのことをできるところから一度ストップしてみて下さい。

まずは冷えを解消することで、内臓の働きが良くなり、お肌も改善に向かいますから。

 

冷えを改善して、体調もお肌も整えていきましょー(^^♪

 

 

 

 

ニキビのお話し②

2017年1月26日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

himeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

久しぶりに良いお天気です☀

やはり、お天気が良いのは気持ちがいいですね♡

 

 

最近、ニキビでお悩みのご相談が増えてきています。

ブログでも、今までに何度かニキビのお話しをさせていただいていますが…

今回も少し、お話しさせていただきます。

 

いつからニキビでお悩みなのかお伺いすると、

小学校の高学年からとか中学生くらいの時など、いわゆる思春期からニキビでお悩みの方が多いようです。

「髪の毛に触れるから」とか「ホルモンのバランスがみだれる時期だから」とか「大人になれば良くなるからと言われた」とか、

気にするなと言われても気になりますよね!

表面的なニキビであれば、洗顔したり、食事を気をつけたり、正しいスキンケアをすれば、長期間ニキビで悩むことはないと思います。

それでもニキビが良くならないとなると…

今までにもお話ししましたが、

私たちは体の中が原因ではないかと考えます。

 

よくよくお話しをお伺いすると、鼻炎や花粉症などのアレルギーをもっているとか、

小さい時はアトピーだったとか、そんなお話しが出てきます。

 

一言でニキビと言ってもいろんな原因が考えられます。

顔は内臓の鏡!

例えば、

あご周りのニキビは「腎」の弱さ。腎とは簡単に言うと体質の弱さです。そのニキビは赤いニキビなのか白いニキビなのかでも対処法が変わります。

鼻の周りは「脾」と言って消化器系の弱さ。

右ホホは「肺」で呼吸器系の弱さ。

など。

お顔のどの箇所にどのように出ているか、これが原因です。

 

原因が分かれば、あとはどうすれば良いのか、大体見えてきますよね(・∀・)

 

原因を追究して、キレイなお肌を手に入れましょう♪

 

 

 

 

 

森﨑先生のミニセミナー開催!

2017年1月22日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

寒くなってから、問い合わせが増えてきました。

 

エステってなかなか行きづらくて…

前から.nagomiは気になっているんだけど…

広告の写真に載ってるほど、ひどくないんだけど大丈夫かな…

など、ご相談に困っている方、必見!!

 

この度、.nagomiの森﨑先生が

体質改善 de beauty「アトピーからの脱出」と題したミニセミナーを開催します。

東洋医学からみた、アトピー・アレルギーをのり越える方法をお話しします。

アトピー・アレルギーの原因、お家でできる対処法などわかりやすくお伝えします。

参加費は無料。定員が決まっていますので、お電話にてご連絡下さいね。定員次第締切とさせていただきます。

【問合先】.nagomi / 福井市下馬3丁目2311 / TEL 0776-34-7470

 

アトピーやアレルギーでお悩みの方はもちろん、ニキビやシミ、アザなどの肌トラブルでお悩みの方、体の不調などでお悩みの方でもOKです。

 

お問い合わせ、お待ちしております<m(__)m>

 

 

 

 

 

 

冷えはアトピーをつくる(?_?)

2017年1月16日 から MoriNaomi | 0件のコメント

こんにちは!

homeostajia salon .nagomiの高岡那旺美です(^^)/

大雪とテレビなどで騒がれていますが、福井はまぁ~積もったな~という感じです⛄

このくらいでは福井人は普通です(笑)

ただ、やはり雪が降ると寒い💦

なので、お腹と腰にカイロを貼って過ごしています。

最近の言葉ではいわゆる、温活ですね(≧▽≦)

 

 

雪が降り、気温が下がってくると、体の丈夫なアトピーの方はリバウンドしやすくなります。

.nagomiのお客様の中にもちらほら。

 

アトピーになりやすい方は、やはり…慢性的な「冷え」がある方がほとんどです。

しかし、.nagomiのお客様もそうですが、アトピーの方って、手足はとっても冷えているのですが、体温を測ってみると、意外と高いんです(゚д゚)!

何故でしょう(?_?)

 

私たちは全身に血液が流れています。

血液が流れていることで、体温が維持できているわけですが、

健康な方の体温は、わきの下で36.6~37.0℃。お腹の中は38℃。

お腹の中の体温はなかなか測れませんが、内臓の働きで大体わかります。

内臓が働くためには血液が必須ですが、内臓が働きやすい体温が維持できるように、血液が内臓に集まります。

そうすると、そこそこ血液が流れなくても大丈夫な手足に血液がいかないので、冷えてしまうんですね(;’∀’)

冷えるとその部分の血管が収縮され、さらに血液が流れにくくなり、酸素や栄養が送れなくなります。

アトピーの方は手足だけでなく、炎症が起きている箇所、すなわち、酸素や栄養が足りないところ、すべてが冷えているのです。

えッ⁉どういうこと⁉

 

というと、

冷えを隠すために、体本来の意向に背いて防御反応を起こしているのです。

それが、体力を使って炎症を起こすということなのです!

体の表面に炎症が起きれば、自然と体表面の温度も高くなります。

これが高い体温の正体です。

体力を使って炎症を起こし、わざと熱を出すことで、その部分が温められ、血管が拡張して血液が流れやすくするんです。

なので、わざわざ体力を使ってまで炎症を起こしている部分は、冷えを解消しようとする、人間の自然治癒力なんですね。

冷えが解消されれば体が温まり、わざわざ炎症を引き起こさなくて済むので、

無駄な体力も使うことなく、体温も安定し、血液の流れが良くなり酸素や栄養がいきわたるので、お肌もだんだんとキレイになっていくんですね。

 

温活をして、体の冷えを撃退しましょう♬