第2話『初めてのエステサロン。初めてのステ離脱。そしてパニック…』

初めて予約したエステサロン…ドキドキでした。

サロンでのカウンセリングで、私のカユミ赤みが治らない原因は、元々アレルギー体質で、冷え性や便秘などからきていると言われました。
とにかく、今服用している薬を一切やめないと絶対に良くならないし、悪くなる一方だから、今日から止めなさい、と…。

私にすれば、一番の安心材料の薬を止めるというのは、すごく勇気がいることだったけれど…
でも、これだけの長い期間、薬を使ってきたけれど全然良くならなかったし、一日も早く良くなりたいと思い、そのサロンの先生を信じて、薬を止めることにしました。
教えてもらった事は、薬を一切止めて、あたたかい食事を摂り、酵素の飲料を飲んで、汗をかいて毒素を体の外へ出せば、必ず治るということ。
酵素飲料は朝と晩に必ず飲んで、たくさん飲めば飲むほど早く治ると言われました。
こういう治療は3ヶ月で1単位だから、まずは3か月分の酵素12本で12万円を購入しました。
そして、週に1回くらい、汗を出すために小さなテント?のようなサウナに入るように言われました。

そのとき、薬を止める事(ステ離脱)による、後からやってくる怖い怖い「リバウンド」の事は、全く一つも説明はありませんでした。

契約書も何も無く、たいした説明も何も無く…
今思い返せばおかしな事だらけなのに、そのときの私は、そんなことに気がつきもしないくらい、焦っていたのだと思います。

そして、薬を止めた11/6から、ちょうど1ヵ月後の12/7のことです。

今まで見たことのない細かいブツブツの湿疹が出来て、左ほっぺた直径3~4cmくらいに広がりました。
カユミもあって時間が経つにつれて、さらにどんどん広がっていって…これはただ事ではない!と思いました。

ところが、その日はサロンが定休日だったので我慢して、次の日の朝一番に電話をしました。すると…
サロンの先生は全く驚くこともなく「あぁ、毒が出てきたんやね。喜ばしい事やよ」の一言。
こっちにすれば、カユい。湿疹もどんどん酷くなるし、どうしたらいいのか救いの手段を求めて電話しているのに。
「しかたない事だから。酵素飲料を沢山飲んで耐えるしかないね」と冷たく言われてしまいました。
そこで、電話は、終わってしまいました。

ショック!!もう、お先真っ暗でした。このカユさと不安に、どうやって耐えろというの?
自分がどういう状態なのか、なぜこうなったのか全然分からない!

誰か助けて!

この先どうなるのか恐ろしくて、少しパニックになりました。

そして、皮膚科同様…
このサロンもしょせんは他人事で、気持ちを分かってくれない…
全然親身になってくれないところなんだと自覚しました。

辛くて、悔しくて、悲しかった。

その日の晩は、カユミと不安で全く眠れず、どうしたらいいのか?私に目をかけて助けてくれる人はいないのか?そればっかり考えていました。
そしてフッと頭をよぎったのは、雑誌に載っていた、家から少し離れたサロンでした。

第3話へつづく…