第3話『紗津記先生との出会い―今までのいきさつを話す』

あわてて家から離れたサロンのチラシの切り抜きを探しました。
(今思えば、どうしてわざわざ取っといてあったんだろうと不思議です。ご縁でしょうか?)
よく見たらホームページのアドレスが書いてあったので、すぐに見ました。

するとそこには、私が知りたかった事、ずーっとずーっと疑問に思っていた事、そして今私がどうしてこんな事になっているのかの答えが書かれていたのです!びっくりでした!!
もうパソコンにかじりついて一気にすみからスミまで見ました。
そして、もぅここしかない!私を助けてくれるのはここしかない!と直感で思いました。

営業時間を見るとオープンはAM10:00から…私がチラシの切り抜きを見つけてホームページを見出したのがAM7:00頃だったので、この3時間…もどかしくて長かったなぁ。
しかも定休日が運悪く火曜日だったのです。(その日は12/9(火)、なんと私の誕生日!!)

でも、ダメもとでいいからと思い、AM10:00のオープン時刻も待てず、電話をしてしましました。でも、しばらく待っても繋がらない…やっぱりダメか。。。と思ってあきらめかけた時、紗津記先生が出られたのです!!
よかった~!という気持ちで一杯でした。
今までのいきさつと症状を洗いざらい話し、カウンセリングの申し込みをしたいと言いました。

は じめは五日先の12/14じゃないと予約がいっぱいで取れないと言われたのですが、私の話をだんだん聞いていくうちに、「わかりました!重症の方が優先で す。12/12金曜日に来て下さい」とおっしゃって下さいました。
その言葉を聞いた瞬間、嬉しいというより、体の力がぬけ、救われたぁと思いました。

そして今でも忘れません。そのとき紗津記先生が私に言って下さった言葉。「大丈夫!絶対に治りますから、心配しなくていいですよ!!」
本当に、この一言を聞いて初めて不安な気持ちから開放されました。

結局30分以上も電話で、どうしたらよいかのアドバイスを沢山して下さいました。あと、ちゃんと良くなるんだから、落ち込まないで前向きに考えてないとダメとも言われました。

その日12/9(火)から12/12(金)までの4日間は、かゆくて湿疹もどんどん広がっていったけれど、前向きにがんばろう!と思えました。
そして、電話で教えてもらった色々な事を試しました。ゆっくり休養し、たくさん食べ、温かくする。毎日銭湯に通いました。
まだ会ってもいない紗津記先生に対し、その時点ですでに「感謝の気持ち」でいっぱいでした。本当にありがとうございます!

第4話へ続く…