第14話『赤ら顔と冷え性とストレスのお話』

2/27(金)
今年になってあることに気づきました。みんなに口に出して言いたくてウズウズするけど口に出すと途端に掛かってしまう気がして…けど、今日ついに大先生にいっちゃった!!
それは、“今年(昨年の春以降)になってまだ一度もカゼをひいてない”ということ!コレは、私にとってはとってもとっても凄いことなんです!今までは年に4,5回は引いていたのに…なのに今年はまだ1回もひいてない!すごい!
もしかしたら、免疫ついた!?嬉しいけど、油断は禁物ですね。

今日は紗津記先生に改めて。どうして私は赤ら顔がなかなか治りにくいか、というお話を聞きました。
や はり根っからの陰性体質で、自分の体を温める力がもともと弱くてちょっとやそっとじゃ体の芯から温まれないのだそう…
わかります。本当にそう。お風呂入っ ても30分以内には冷えてきちゃうし、冷たい飲み物やアイスクリームなんか食べると全身冷え切ってブルブル…。なのに顔だけはポッポッ。
一年中体は凍えてます。

赤 くなる時は自分の感情(精神状態)ともすごくすごく関係しています。
怒ってカッとなった時、忘れ物してドキッとしたとき、大勢の人前で話をする時などプチ パニック状態になると、顔だけカーッと厚くなるのです。赤ら顔になるのは、冷えだけが原因ではないということですよね。
紗津記先生はこのことについても話して下さいました。
ストレスは気血水の巡りに影響を与えるそうです。
なので、普段から気持ちにゆとりを持って生活し、リラックスする時間を持つことが大切だと教えてくれました。
ちょっと悲しくて感動するような映画を見て涙を沢山流すことを薦めてくれました。

何故か・・・本当に偶然というか…多分私自身が欲していたのか、「癒し」に対して最近凄く貪欲なんです。
今まではむしろ苦手だったお香やアロマを雑貨屋さんで手にとってみたり、探してみたり、めったに行くことのないビデオ屋さんに出向いて感動系の映画を探したり…
あ、お花を買って飾ってみようとか、ちょっと高価なお茶を買って飲みたいなとか。
紗津記先生に見事に指摘されてドキッとすることばっかり!!
そうか…悲しい映画か…。
よ~し。明日あさっては土日だし、ここは思いっきり泣けるの借りて、ワンワン泣くぞ~!

第15話へ続く。